上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
パワースポットといえばご利益のある有名な場所が想像されます。
例えば神社、山などがパッと頭に思い浮かびました。
私もいくつかのスポットに、訪れた事があります。
そう呼ばれる場所だけあって、行っただけで気持ちが洗われるように感じてしまいます。

もう一つ別の意味でのパワースポットを持っています。

私のパワースポットと呼んでいます。
それは、故郷です。

行くといろいろと用事を頼まれる為、ものすごく疲れるのですが(笑)、充足感をえられるからです。そしてココロの安心感にも繋がります。
また、豊かな自然に囲まれているため、都会の喧騒からもはなれリフレッシュもできます。
どんな素晴らしいご利益があろうとも、故郷のパワーにはかなわないと今思っています。

お一人お一人元気になるスポットがあると思います。
みなさんにとっての、私だけのパワースポットはどんなところなんでしょう?

連休を使って私のパワースポットに出かけたいと思います。
素敵なGWをお過ごしください。
スポンサーサイト
2014.05.03 Sat l グリーン l コメント (0) トラックバック (0) l top
私はストレスがたまるとオデコにできものができやすい体質です。
4月初旬はとてもストレスフルな状態が続いてました。
なのにオデコはツルッとしたままでした。
おー素晴らしいと丈夫になったと思っていたのですが・・・
ウインドウズ8が我が家にやってきた途端、おでこに吹き出物がではじめました!
パソコンはとても苦手なので仕方ないのですが、ここまで正直なオデコに笑えてきました。
只今「8」に四苦八苦しております。

おお笑いしてこのうっぷんを解消せねばと思っていたところ、過去の記憶が思い出されました。

仙台に亜色処というアジアン雑貨のお店があります。
そちらのお店のスペースを借りして、オーラソーマをやらせていただいていた時期がありました。
店主は私と同じ年齢で名前も同じリツコさんでした。
仕事以外でも仲良くさせていただいていており、よく飲みにいく仲でした。
どうでもいい話題でお腹を抱え涙が出るほど笑いあうそんな仲でした。
三年前の今頃、中部国際空港で飲んだ以来、一緒に飲んでいません。

そんな彼女に名付けてもらったのが「笑みの場」です。
私が、「笑」をテーマとした屋号を考えたいと言ったのが始まりでした。
笑いがあふれる場になるように、またそのような場を作るという意味をこめて名付けてくれました。
もちろん!名前を考えている最中も「あーでもない」「こーでもない」といって大笑いをしていたことを覚えています。
まさにその瞬間が「笑みの場」だったということを思い出し、また一人で笑いがこみ上げてきています。

そろそろ大笑いしにゆきたいな~と思っています。
そして吹き出物のを吹き飛ばしたいなぁ~。
2014.04.22 Tue l グリーン l コメント (0) トラックバック (0) l top

何かを改善したい!と思うがなかなか望むような結果を手にすることができない、という事ってないですか?

例えば、体質を改善したい、自分のこんなところを改善したいなどです。

改善するためには、努力しなければならなかったり、何かを我慢しなくてはならなかったり、改善したいとすることの度合いが高まるほど、それと引き換えに我慢すれことのハードルが上がりますよね。

本当に改善したい、とおもっているのにできない。
改善するために、引き換えにする高いハードルを越えられない。

そこには別の理由があるのかもしれませんね。

改善できない今の状態に、無意識に認識している何らかのメリットがあるのかもしれません。

「改善する」それはよい響きですが、その背後にあることも想像し受け入れる覚悟をし、それを望んだ方がよいのかもしれません。

よい週末を~

2014.02.21 Fri l グリーン l コメント (0) トラックバック (0) l top

久しぶりに友人と会いました。
合間をぬって会う時間を作りました、多忙極まる友人はその時間を捻出する事は大変だったろうと思います。

貴重な時間だったからこそ、話が横道にそれていかないように注意しながら話したかった事をはなしました。

きっとお互いその辺の事を意識していたように思います。

とても短い時間でしたが、充実した時を過ごすことができました。

時間などなにかしら制限を設けて行動した方が、どんな場面でも満足度が増す…
そんな事も実感させられた素敵な時間でした。
2014.02.05 Wed l グリーン l コメント (0) トラックバック (0) l top
シャネルno.5 
世の中は数でできているという話を耳にする機会があります。
それが本当なのか嘘なのか判断できません。

私は数字がすきです。
足し算引き算、お金を数えるなど・・・答えがはっきりしているところが好きです。

高校のときの得意科目は簿記でした。
資格も1級をもっています、私の唯一自慢できるところかもしれません(笑)

独身時代に務めていた会社では、この資格が役にたちました。
月末には、手書きの試算表を組んでいたからです。
入出金伝票、振替伝票を科目ごとに振り分けてトータルを計算し、試算表を仕上げきます。

私の場合ですが、ただ計算をするのではなく科目をみて「あーこんな取引があったなー」とか「この科目にこの金額は多い伝票の金額まちがってる」など、一ヶ月を振り返り当時のことを思い出しながら試算表を仕上げていきます。
最後にトータルをあわせるのですが、そのときの緊張感はこの上ない楽しみだった事を今も覚えています。

オーラソマは色だけではなく、タロットや占星術、チャクラの要素など幅広い知識がつまっています、数秘術もその一つです。
数字ずきということもあり以前から数秘は学んでいて、オーラソーマのコンサルにも取り入れていました。

とても素敵な先生が、昨年末名古屋にいらして、「ピタゴラス数秘学」のセミナーを開催されるとのことで、私も受講してきました。
その学びは私の中にある数秘の部屋を、縦にも横にも奥行きも広がり、春の訪れのようにわくわくうきうきさせるように色づきました。

ピュタゴラス数秘は、今この時点であなたの人生に何がおこっているのかを見出す事にフォーカスしています。
過去を振り返る事や未来を占うのではなく、今何をすべきなのかという事に焦点をあててるので、実際にコンサルを受けた事がありますが、現実的でとてもしっくりきます。

ただ学びとなると別で、その表現は非日常的な言葉が多いです。
なんとなく分かるのだけれど、じゃあそれはなぁーに?ときかれると上手く説明ができない言葉が多いです。
スピリチュアル系のセミナーに参加すると、毎回この部分の解釈に困難を感じます。

私がコンサルを行なうときに大切にしている事の一つに、地に足の着いたコンサルテーションを行なうということがあります。
分かりやすい言葉で伝えるということです。

私にも馴染みの深い数字「5」には、「瞬間にトータルにかかわる」というメッセージがあります。
昔、試算表を組んでいたときの感覚が、計算(左脳的)だけにたよるのではなく、感覚(右脳的)をフルに使って正誤をたしかめるところが、その表現にピッタリなのかな~と思います。

数字のもつメッセージが日常生活の出来事やどんな言葉に置き換えることができるのか、またそう当てはめていく事で、分かりやすい言葉で伝えることができると思っているからです。
生活の中でどんな時がどの色に当てはまるのか意識してみて!色の理解が深まるからとオーラソーマを受講したときにもティーチャーが教えてくれました。


松坂屋豊田店さまにて開催される「美と健康フェスティバル」で、またまたオーラソーマで出店をさせていただきます。
私が出店をさせていただく日程が、2月1日~3日までとなります。
今回は、オーラソーマとともにピュタゴラス数秘でも学んだ「個人年運数」も一緒にお話をさせていただこうと考えいてます。
詳細はまた後日ブログにてお知らせしま~す。
2014.01.11 Sat l グリーン l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。