上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


太陽の光を反射して輝く月は、光を受け止めることで自身の存在を示すことができます。そのため月は受容を意味し、女性性を表現する場面でよく使われます。

月の満ち欠けのリズムを基準に作られた陰暦、京都ではお月さんのリズムにそった慣わしが現在も受け継がれているそうです。
そのため、どこか陰の雰囲気が京の町にはあると、テレビにでていた庭師のかたがおっしゃってました。

陰というと、日の当たらない、暗い、目立たないという印象がパッと思いうかびます。
ですが、うまく表現できませんが、陰の世界には目には見えない奥ゆかしいロマンがあって、そこに魅力を感じます。🌚

お月さんがそう教えてくれました。🌝
スポンサーサイト
2013.10.31 Thu l バイオレット l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。