上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
number-7.jpg 
プロサッカー選手の遠藤保仁さんが出演されていた、NHKの番組プロフェッショナルを録画してあったのをやっと見る事ができました。

サッカーについてあまり詳しくはない私が選手について語るのもなんですが、本田選手や香川選手ほどのスター性はないが、ニッポン代表として長い期間活躍し、安定したプレイをし、試合をみている側に安心感を与える選手という印象があり、日本代表の中でも最近気になる存在だったので、その番組を見る事がとても楽しみでした。

番組冒頭で「彼の最大の強みは知的ということなのです」と、オシム元サッカーニッポン代表監督が彼について語っている場面がありました。
ナレーションでは、戦術を深く理解し実行する能力は歴代の代表監督はこぞって高く評価すると語られ、物事を知り、考え、判断する能力、彼の知性を高く評価されていました。

この時点で私の心はTVの画面にぐっと引き寄せられました。

その理由は、彼への興味もありましたが、背番号が「7」だったからです。
なぜ「7」なのだろうか?という興味がふつふつと湧いてきたからです。
数のお話になりますが、7の本質には英知、未知なるもの、探求などがあります。

彼は自分の得意な部分を見つけ、その技術を世界に通用できるまでのレベルに精度を高める努力を重ねられたそうです。
自己や周囲を分析し、世界で互角以上に戦えるまでにはどのようにどうしたらいいのか考え、実行する、その姿と背番号が一致しているのではなかろうかと、一人で創造し楽しんでいました。

どうやら最近数字に敏感になりすぎているようです(笑)

番組の最後に彼の「どこでも、何歳でも、成長できる」というメッセージが流れました。
その言葉に勇気づけられました。

スポンサーサイト
2014.01.30 Thu l バイオレット l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。