上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
3つのタイプの「きく」があります。

辞書を調べてみると「聞く」は音や声を感じとる。また、その内容を知る。  「聴く」は注意して耳に入れる。
 「訊く」はたずねる。問うの意。と記されていました。

私の言葉で表現すると、
「聞く」は無意識の状態でただただ周りに流れている音を感じる時に使用する。
または自分に興味がないことでも聞かなくてはならない状態のときを表すときに使われる。
そして「聴く」は意識的に自分が興味のある時に使われる。
最後の「訊く」はたずねるとも読める漢字でありますので、そのまま自分からお伺いしたい事があるときに使用する、と感じています。

「きく」という言葉一言にも奥深い意味があります。
日本語の素晴らしい一面であると思います。
とは言っても、最近その魅力に目覚めたばかりなんです。(笑)

本日のブログのタイトル「アクティブ・リスニング」とは傾聴という意味です。

会話をする相手が話したい事、相手の立場を思いやり、その人が伝えたい事を受け止めること、そして相互に理解を深め納得のゆく最善の結論に到達できるようにすることが傾聴であると辞書に記されていました。

オーラソーマや数秘、ヘッドマッサージを行なう上でとても大切な事です。
また、それ以外にも日常のコミュニケーションを円滑にするためにも重要なポイントであると思います。

ちょっとだけ傾聴ということを意識するだけで、周りとの関係がよりよい方向に展開すると思っています。
最近、忘れかけていることのように感じました。
お一人お一人がちょこっと意識するだけで、世の中随分変わってくるように思います。

自分にも改めて言いきかせたくてブログで言語化してみました。

やっと春めいたかと思いきや来週また寒さが逆戻りとのお天気予報でしたね~
春はまだとおし~

みなさま、素敵な週末をお過ごしください!

スポンサーサイト
2014.02.28 Fri l ブルー l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://eminova.blog18.fc2.com/tb.php/635-bb336c91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。