上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


太陽の光を反射して輝く月は、光を受け止めることで自身の存在を示すことができます。そのため月は受容を意味し、女性性を表現する場面でよく使われます。

月の満ち欠けのリズムを基準に作られた陰暦、京都ではお月さんのリズムにそった慣わしが現在も受け継がれているそうです。
そのため、どこか陰の雰囲気が京の町にはあると、テレビにでていた庭師のかたがおっしゃってました。

陰というと、日の当たらない、暗い、目立たないという印象がパッと思いうかびます。
ですが、うまく表現できませんが、陰の世界には目には見えない奥ゆかしいロマンがあって、そこに魅力を感じます。🌚

お月さんがそう教えてくれました。🌝
2013.10.31 Thu l バイオレット l コメント (0) トラックバック (0) l top
今朝も蒸してますね~、体感湿度120パーセントという具合でしょうか?
昨日、タロットカードの絵柄の傘をさしている人がいました。
誰のデザインですか?と聞きたかったのですが、車の運転中だったのでできませんでした。

さて今日は、ターニングタイドというネーミングのボトルのお話です。
NO.18・イエロー/バイオレットの組み合わせです。
奉仕と喜び、変化と恐れというメッセージがあります。

知人が「置かれている状況によって人は変わっていく」とお話をされていました。
確かに・・・自然の流れです。

人は勝手に自分の都合の良いように解釈します。
他人が自分の都合のよい解釈と合わなくなったとき、「あの人は変わった」と陰口を言ったりするのかもしれません。

私の考えですが、陰口は寂しさからくるものだと思っています。

その寂しさはどこからくるのでしょうか?もしかしたら、昔からの思い癖からやってきているのかもしれません。
知らず知らずに良い悪いなどの条件付けをしています。
そのパターンを知ることをこのボトルは助けてくれます。

変化しないものはほとんどありません。
変わってゆく事は不安や恐れが付き物です。
でもその先には明るく楽しい未知の世界が待っていると、私は思っています。(笑)

このボトルのもう一つの名前が、「エジプシャンボトル」です。
対応するタロットが月です、潜在意識と関係があります。

ナンバーが18という事で一か八か・・・

それでは今日も素敵な笑を!
2013.07.05 Fri l バイオレット l コメント (0) トラックバック (0) l top

2013-0529 ヴィトリーヌ 2013-0529 ぱさぱ

仙台にいたころとても素敵なマダムのいるお店に出会った。
女性がふらっと一人で訪れても、気軽に一杯飲んでいけるような場所にしたかったとのこと。
お店の名前は「ヴィトリーヌ」です。
ランチやお茶ができるだけでなく、フランスの雑貨やお洋服、なんとレネイドのアクセサリーも扱っている。

私がマダムにあこがれる理由は、ただセンスがいいからというだけではない。
シンプルで多くは主張しないけれども伝わる美しさ、自立していて私にはとても素敵に映った。
仙台に行けば必ず訪れる場所です。

そんな素敵なマダムがいるお店に、ここ名古屋でも出会った~。

円頓寺にあるpas a pasという、小さなカフェランチレストランのマダムです。
マダムとは会話はすることはなかったのですが、彼女がかもし出す雰囲気、エントランスに飾られた花、店内の装飾などへの気づかいなど、どれをとっても素敵で子供のようにはしゃいでしまいました。
仙台にいたころ初めてヴィトリーヌに出会った時の感覚と同じように、ココロを奪われてしまいました。
テーブルに運ばれてくるお食事も、素材から吟味したものが並びます。

彼女達のように年を重ねる事ができたら嬉しいな~と思っています。

今日も素敵な笑を~。

写真左:ヴィトリーヌ(仙台) 写真右:pas a pas(名古屋)

2013.05.29 Wed l バイオレット l コメント (0) トラックバック (0) l top
2013-0509 チャリティー 
チャリティという名前のついたボトルは、奉仕と思いやりと深いつながりがあり
ありのままの自分を受け入れ、今の自分にOKサインをだすことを助けてくれるボトルです。

チャリティを直訳すると慈善ですが、日本語でこのボトルは慈悲心という名前で呼ばれています。
色は写真の花と同じバイオレッドとピンクのコンビネーションです。

最近このボトルの事がとても気になります。
このボトルはストレスを癒す力があります。

GWの連休の遊び疲れがたまっているのでしょうか?
自分の事を自分で癒すことはとても難しいですね~。
とりあえずボトルを見つめてみようと思います。
2013.05.09 Thu l バイオレット l コメント (0) トラックバック (0) l top
2013-0420 つつじ 
桜の花が終わりった春から夏にかけて咲く花の一つに「つつじ」があります。
花言葉は、「愛の喜び、情熱、初恋」だそうです。

また、この花の名前がついた、躑躅色(つつじいろ)というのは紫がかった赤色です。
おそらく写真の色目のものが、この色に一番近いと思われます。
花の色はその他にも、白、紫、赤、橙などがありますが、
代表的なカラーが紫がかった赤色だそうです。
今、名古屋でも咲き始めていますね。
つつじは、以前ふるさとの市花でした。今もかな~?
この花をみるとホッとして、懐かしい気持ちになります。

さて明日は、オーラソーマのセミナー開催です。
ご参加受付まだ可能です。
参加希望される方は、ブログ内のメールフォームよりお問合せください。
お待ちしてます!
2013.04.20 Sat l バイオレット l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。